読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間合格ブログ

サードウェーブ系ブログです。

カレー屋は店主で選べ

紅白のXJAPANに興奮し、気付いたら2016年。

あけましておめでとうございます。

 

今更ですが、カレー Advent Calendar 2015の24日目を公開します。

===

 

大好きな店がある。

五反田の「かれーの店うどん」と長崎の「チャイ屋マドゥバニ」。

 

tabelog.com

tabelog.com

 

この2店舗の共通点はもちろんカレーがうまいこと。

そして店主の個性がとがりすぎていること。

 

わたしがかれーの店うどんにはじめて行ったのは今から8年ほど前。

高校生の頃だった。

 

何がきっかけか今となっては覚えていないが、あれは冬の日だったように思う。

奇抜すぎる赤いホームページを隅々まで読んで訪れた、

カウンター13席しかない小さな店舗。

当時の恋人と夜のすーぷかれーをいただいた。

腹の底からあたたまるそれは食後とても幸せな気持ちになった。

わたしたちは季節限定かれーを狙って毎月うどんに通った。

 

一年間通って、全種類を制覇したわたしたちのオススメは牡蠣のすーぷかれー。

 

ほとんど生状態の牡蠣を楽しむ前半戦、

後半戦はすーぷが染みこんだ牡蠣をするっといただき、

ごはんと交互に牡蠣エキスがしみ出たスープを楽しむ。

じゅわー。うまい。

 

牡蠣×すーぷかれーの組み合わせを生み出した店主、うどんさん(勝手にそう呼ばせてもらっている)。この人がまたすごい。

石野真子さんの大ファンである店主がいるこの店舗、原則取材NGだが「真子さんが来るならOK!」とブログで公言している。

そして真子さんの直接取材を実現させているのだからすごい。

ozzyudon.jugem.jp

 

一見ひとクセあるうどんさんだが「この前モロッコ旅行に行ってきたんだよ〜」と奥さんと撮った写真を見せてくるなど、以外とお茶目な一面もある。

私自身、この店主とこのカレーにハマってしまい、大事なひとができるとすぐ連れて行きたくなってしまう。

歴代の友人・彼氏をつれてきているので、親よりも私の交友関係を知っている唯一の人間かもしれない。

そんな店主がわたしは大好きだ。

 

 

もう一店舗、長崎のマドゥバニを紹介したい。

この店主も変人奇人のたぐいで、カレー屋をやっているにも関わらず

「カレーよりもラーメンが好き」と公言している。

twitterのアカウント名も@tsukemenでやっており、そこでは長崎のカレー界隈に対する熱い檄が飛んでいる(さきほど確認したところ過去のツイートは削除されているようです)。

 

 「うちの店が流行らない長崎のカレーシーンはクソ」

などとかなり過激な発言を繰り返していたこのつけめんさんだが、

実際、カレーはとてつもなくうまい。

いかにもインドで修行してきました風のその風貌から、

現地で修行してつくったカレーかと思いきや、

「ある日突然カレー神が降臨した」というのだからヤバい。

(最初は「完全にアッチ系の人だ」と思った)

 

しかしこのひとのカレー、驚くほどうまい。

東京で100店舗以上のカレーを食べ歩いてきたが、食べたことがない味だと思った。

ジャンルは創作インドカレーといったところ。

黒いチキンがこれまたからくてうまい。イカスミを混ぜたものに漬けこんでいるらしい。

 

「一番好きな食べ物はつけめんだ」と断言する店主にこんなにうまいカレーを作られたら困る。

この人が本気出してつけめんをつくったらどうなってしまうんだ。完全に食べたい。

カウンター7席しかない、あの狭い店舗を構える長崎市まで食べに行きたい。

 

 

さて、奇人変人店主を2名続けて紹介したが、

カレー屋は店主の人間性も含めてクセになるものだと思う。

私は今回挙げたうどんさんとつけめんさん以外にも、クセのある店主・店舗を見つけ

死ぬまで通い続けたいと思っている。

 

奇人変人店主がつくるカレーはぜったいに美味いのだから。